人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【タケノコ】タケノコと鶏ささみのスープカレー

料理原稿を書く仕事を始めたばかりのころ、ある編集部に在籍していて、
「シェフに教わるおいしいクッキング」というコラムを担当していた。
あるときタイ料理屋さんを訪ね、タイ人の調理長に、
「ココナツミルクを使わずに、短時間でできるカレーの作り方を
教えてもらえないか」とかけあったことがある。
無理難題を言うなと怒られるかと、ドキドキしていたが、
「タイにはいろんなカレーがありますから、だいじょうぶ」と笑顔で快諾。

そのとき教えてくれたのが「タケノコと鶏ささみのスープカレー」だった。
タケノコをカレーに入れるという発想が斬新だし、歯ごたえもいい。
夫は欧風カレー派ではなく、スープカレー派なので、
ときどき我が家のメニューに登場している。
料理する時間ないけど、どうしてもカレーが食べたいというときにもオススメ。

何度か作っているうちに元のレシピと少し変わってしまったが、
このカレーで大事なのは、ナンプラーの使い方だ。

【タケノコ】タケノコと鶏ささみのスープカレー_d0122797_151444.jpg

▲タケノコと鶏ささみのスープカレー ナンプラーの魔法でタイ風味に

材料 2人分 調理時間 25分
鶏ささみ 300g
ゆでタケノコ 180g
さやいんげん 5本
サラダ油  大さじ1
にんにく(つぶす) 1個
カレー粉 大さじ1
しょうが(すりおろし) 大さじ1
塩、黒コショウ 適量
ナンプラー(魚醤) 小さじ1

1.鶏ささみとゆでタケノコは細切りにする。さやいんげんは食べやすい大きさに切る。
2.フライパンにサラダ油とにんにくを入れ、火をつける。
 にんにくの香りがしてきたら、1の鶏ささみとゆでタケノコを加え、
 中火で炒める。鶏肉にある程度火が通ったらカレー粉をまぶしてさらに炒める。
3.2のフライパンにひたひたまで水を入れて、強火にする。あくが出たらすくう。
  1のさやいんげんと、しょうがを加え、中火にして塩、黒コショウで味を調える。
4.5分ほど煮てからナンプラーを加え、ひと煮立したら火を止める。

栄養Memo
タケノコの歯ごたえはセルロースという食物繊維によるもので、
コレステロールの吸収を抑える作用がある。

ひとこと
ナンプラーは、かならず煮立たせて、独特のくさみをとばすことが大事。
そうすることで、うまみだけがスープに溶け込み、おいしくなる。
炒飯に使うときは、中華鍋の鍋肌に伝わせて入れるといいと教わった。
直接、具にかけてしまうとくさみが残ってしまう。このプロのワザも試す価値あり。

おまけ
さやいんげんはなしでもOK。たまねぎやにんじんも加えてみたことはあるが、
このカレーは潔く、鶏ささみとタケノコにまかせておいた方がおいしいから不思議。

ランキング参加中。おいしそうと思ったらクリックお願いします★


by shukas | 2009-04-07 15:16 | 野菜レシピ | Comments(0)

フードライター大久保朱夏の暮らし


by shukas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31