人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「栄養と料理」3月号「あらまで愛して」ブリとタイを骨まで味わい尽くす

2月9日発売の雑誌「栄養と料理」3月号で、料理研究家・ごはん同盟のしらいのりこさんに、ブリとタイのあらをバリエーション豊かに食べ尽くす料理を教えていただきました。私は企画、構成、文を担当。タイトルは「あらまで愛して」。
「栄養と料理」3月号「あらまで愛して」ブリとタイを骨まで味わい尽くす_d0122797_12593011.jpg
しらいさんのご実家は、新潟で魚屋を営んでいて、幼いころからあら料理をよく食べて育ってきました。新巻鮭のアタマの網焼きや正月の短冊汁(たんじゃくじると発音)の思い出に郷土色を感じます。そのことは短いプロフィールの文章に込めました!
「栄養と料理」3月号「あらまで愛して」ブリとタイを骨まで味わい尽くす_d0122797_12594497.jpg
スーパーでお買い得のあらを見つけ、買いたいけど、どうやって食べればいいかしら?魚のにおいも気になるなんて方にぴったりの料理を8品紹介しました。 
しらいさんに教わった方法で下ごしらえをしたらスッキリした味になり、あらがよりおいしく楽しめるようになりました。他のあらでも使えるテクです。

和食あり、韓国風あり、オーブン焼きあり、スパイス系あり。
あらのコクとうまみで、ごはんとの相性がいいのはもちろんですが、
野菜がおいしく食べられるというのは発見でした!
ぜひお役立てください。

迫力ある写真はキッチンミノルさん
スタイリングはしのざきたかこさん


******************
◉深夜ごはんメモ◉
鶏ささみのスープ
焼き紫キャベツとプチヴェールのマリネ

ささみを500gまとめてゆでます。
ゆで汁にナンプラーと塩を入れて、ほぐしたささみ3本を加えた透明なスープです。
猫のたまちゃんが、ささみに色めきだち、深夜に台所が騒がしくなりました。



by shukas | 2021-02-09 12:54 | かんがえる | Comments(0)

フードライター大久保朱夏の暮らし


by shukas
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30