人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東京都写真美術館「琉球弧の写真」へ

先日、恵比寿の東京都写真美術館「琉球弧の写真」へ。
東京都写真美術館に収蔵されている写真の中から、
沖縄の7人の写真家(山田實、比嘉康雄、平良孝七、伊志嶺隆、平敷兼七、比嘉豊光、石川真生)の作品が紹介されている。
1960年代から70年代前半にかけての沖縄を切り取ったモノクロ写真だ。

東京都写真美術館「琉球弧の写真」へ_d0122797_13384514.jpeg
タイトルになっている「琉球弧」は、奄美群島から八重山列島にかけて弧状に連なる島々のこと。
漁村や集落の様子、祭祀、コザ闘争、毒ガス移送といった沖縄の光と陰が記録されている。

国頭トレイルランニング大会で縁ができた本島北部のやんばるの写真は、
自分のふるさとを見るような気持ちになった。
奥という集落の坊主頭の男子は、還暦くらいではないか。

沖縄県外の公立美術館では展示されることが少なかったという。
私は見ることに集中したが、ほとんどの写真が撮影OK。
23日(月・祝)まで。

ちなみに、チラシの写真は、比嘉康雄氏の「本土集団就職 那覇港」。
実物のプリントを見ると、お母さんの目に浮かんだ涙が光っていて、こみ上げてくるものがあった。
紙テープの先にいる方は、いまも本土で働いているだろうか。

東京都写真美術館「琉球弧の写真」へ_d0122797_13405323.jpeg
恵比寿ガーデンプレイスで、2020年の初クリスマスツリー。







by shukas | 2020-11-14 13:36 | つぶやき | Comments(0)

フードライター大久保朱夏の暮らし


by shukas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31