人気ブログランキング | 話題のタグを見る

足も脳もつながっている、セルフケアの大切さ

朝から母の病院をハシゴ。
京急蒲田の認知症のクリニックを受診し、
戸塚の皮膚科へ。
外反母趾で変形していた爪を切ってもらい、その経過観察のためでした。
ラン仲間でもある内藤先生が「足の色が悪いね、浮腫みもあるね」とぼそり。

皮膚科医は皮膚を診て全身状態を読み取るのですね。
静脈瘤もあるので昔から循環が悪いほうだったのでは?と指摘されました。
丁寧に足をさすってくれ、そのうちに血色のよい足に。

母の顔色の良し悪しは毎朝のように確認しますが、
足の血色までは気にしていませんでした。
というより、悪いのに目が慣れて「こんなもんかな?」と思っていたわけです。

母親がいつから外反母趾だったのか?ウロ覚えです。
気が付いたら外反母趾だったし、爪が変形していました。
爪がへんだな?と思ったのは、ヘルペスで入院した頃だったような。。。

外反母趾が痛くて不活発になっていたかもしれませんね。
不活発が便秘の要因になり、便秘から腸内環境が悪化し、
脳に悪影響を及ぼしていたはずです。
それで認知症になったとするのは乱暴ですが、
悪影響があったことは間違いないでしょう。

薬剤師さんは、いまの70代、80代は「我慢の世代」と言っていました。
弱音を吐いたら、みっともないと、痛みも限界まで我慢する人が多いそうです。
帰省したら親の足を繁々と見てみることをおすすめします。

思わず自分の足も久しぶりにマッサージしてみました。
40代のセルフケアが健康寿命をのばす鍵ですね、きっと。

こちらは母の朝ごはん。
足も脳もつながっている、セルフケアの大切さ_d0122797_22215505.jpg
目玉焼き、きゅうりのぬか漬け、かぶとかぶの葉の浅漬け、根菜と春菊の味噌汁、ごはん。

夜ごはん。
足も脳もつながっている、セルフケアの大切さ_d0122797_22242556.jpg
湯豆腐、わかめとひらたけ、ねぎ
長芋の梅和え、ピーマンのおかか炒め、ごはん。

私の方がぐったり。
母が食器洗いをしてくれました。
『食べてるだけじゃ、悪いじゃない。
食器くらい洗わないと〜』と。
そんな言葉を聞いたのは数ヶ月ぶりです。





by shukas | 2015-10-26 22:19 | Comments(0)

フードライター大久保朱夏の暮らし


by shukas
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31